今すぐ電話

JAPAN ROAD TRIPに今すぐ電話

03-6777-6565営業時間:10:00〜19:00

2022/8/24

レンタルキャンピングカーで行く!おすすめ車中泊スポット9選

# # # #

F(エフ)

ペットと一緒にキャンピングカーをレンタルするなら気を付けたい4つのこと

「キャンピングカーをレンタルしたいけど、一体どういったところで泊まればいいのだろう?」

そんな疑問をおもちのあなたに、おすすめの車中泊スポットをご紹介していきます。

「キャンピングカーならどこにでも停めて、宿泊できるんでしょ?」

そんな風にお考えの方もいらっしゃるかもしれませんね。でも実は車中泊しても良い場所っていうのは決まっているのです。

今回は「キャンピングカーをレンタルして旅をしたいなぁ」と夢見ているあなたのために、車中泊可能な場所や、おすすめ車中泊ポイントを具体的にご紹介していきますね。

ペット可のキャンピングカーをレンタルすれば、ペットと泊まれる宿としても利用できるので、旅行を諦めていたペットオーナーも要チェックですよ!

楽しい旅の計画に役立てていただけると嬉しいです。

キャンピングカーで車中泊可能な場所ってどこ?

キャンピングカーレンタル 車中泊

まずは車中泊をしても良い場所というのを確認しておきましょう。

もしかしたら、「とりあえずキャンピングカーをレンタルしたら、ひたすら移動して適当な道の駅やSAなどで宿泊すればいい」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

でも実は道の駅やSAは、基本的には仮眠のみが許可されていて、車中泊は許可されていない場合も多いのです。

道の駅の電源を勝手に使ったり、大量のゴミを捨てていくなど、マナーの悪さが原因みたいです。

では、どこにキャンピングカーを停めたらいいのか?というと…

・オートキャンプ場
・RVパーク

のどちらかを選んでおくと間違いありません。

オートキャンプ場とは、車のまま入場することが許されているキャンプ場で、車の外にテーブルセットを出したりして、キャンプ気分も味わえます。

対して、RVパークというのは車中泊のために作られた24時間トイレや流しなどが完備されている施設。パッと見は駐車場のようなところが多いです。(実際にホテルの駐車場の一角をRVパークとして提供しているところもあります)

予約が必要なことも多いオートキャンプ場に比べて、RVパークなら予約なしでも利用できる場合が多いです。ただし、テーブルセットを出すなどキャンプのようなことを認めていないRVパークもあるので、注意してください。

ゆったりとキャンプも味わいたいならオートキャンプ場を、長距離移動の途中で泊まるだけと割り切るならばRVパークを選ぶといいでしょう。(中にはキャンプのようなことができるRVパークもありますよ)

また中には、車中泊OKな「道の駅」や「SA」もあったりもしますので、あなたの目的に合わせて選んでみて下さい。

キャンピングカーレンタルでおすすめ車中泊スポット9選

キャンピングカーレンタル 車中泊

ここからはキャンピングカーをレンタルして訪れてみたいおすすめの車中泊スポット(今回はオートキャンプ場)を9か所ご紹介していきます。

キャンパーならだれでも知っているような定番のキャンプ場から、暑い夏におすすめの避暑地までたっぷりと解説していきますね。

またレンタルキャンピングカーとの相性抜群のペット連れでの旅に役立つ情報も合わせて紹介してますので、参考にしてください。

では、いきましょう。

 

①ふもとっぱらキャンプ場

ふもとっぱらキャンプ場
ふもとっぱらキャンプ場公式HPより

住所:〒418-0109 静岡県富士宮市麓156
電話:0544-52-2112 (08:30~17:00)
料金:大人:1,000円+キャンピングカー4,000円
ペット(犬):可
特徴:富士山が見える・MTB・セグウェイ
URL:https://fumotoppara.net/

 

ふもとっぱらキャンプ場は、キャンプに興味のある人であればだれでも知っている、といっても過言ではない富士山を目の前に拝める解放感たっぷりのキャンプ場です。

キャンプ場以外にも、いくつかのコテージや20名から予約ができる「まほろば」という木造宿舎もありますよ。

ハイエースのようなバンコンタイプのキャンピングカーだけでなく、大きなキャブコンタイプのキャンピングカーでも場内に入ることができます。

なんにもさえぎるもののないこんな空間だから、自然と一体化できそうです。

ただし、キャンプブームによりシーズン中はこの広大な敷地がテントで埋め尽くされるほど混雑するようなので、注意が必要です。

とにかく自然に溶け込んでキャンプを楽しみたい!そんな方におすすめです。

また、ふもとっぱらではペットの規制は特にされていません。

リードを付けてフンの後始末をキチンとすれば利用可能です。くれぐれも動物嫌いの方がいることも忘れないように、配慮して気持ちよく使いたいですね。

 

②マキノ高原キャンプ場

マキノ高原キャンプ場
マキノ高原キャンプ場公式HPより

住所:〒520-1836 滋賀県高島市マキノ町牧野931番地
電話:0740-27-0936
料金:1サイト4,500円(サイトによって変動)~+キャンピングカー(2t以上)は別料金
ペット:林間サイト以外可
特徴:スキー場・グランドゴルフ・稲刈り体験など多数
URL:http://makinokougen.co.jp/

 

滋賀県にあるマキノ町にある、マキノ高原キャンプ場。キャンプ場の他にもスキー場やグランドゴルフなど様々なアクティビティが揃っています。

温泉施設やピザ窯なども揃っているので、移動しなくてもここだけで十分楽しめそう。

サイトはなんと6つ!

・林間サイト
・高原サイト
・広場サイト
・川サイト
・展望サイト
・森の隠れ家サイト

の中から選べます。

暑い夏には林間サイト、景色を楽しみたい時には展望サイトなど、季節や気分に合わせていろいろと楽しめますね。

さらに9月から10月にかけては、ミルキークイーンなどのお米を収穫できる稲刈りも体験までできちゃいます!(別料金)

さらにさらにウォークラリーやテニスなども楽しめるようなので、お子さんも飽きずに楽しめそうですね!

③大野路ファミリーキャンプ場

大野字キャンプ場
大野字キャンプ場公式HPより

住所:〒410-1231 静岡県裾野市須山2934-2
電話:055-998-1567
料金:1サイト4,400円~+キャンピングカー料金不明
ペット:普通サイトのみ可・電源サイト不可
特徴:富士山・アスレチック・グランドゴルフ・ます釣り
URL:https://oonoji.co.jp/

 

全面芝生サイトで、気持ちのいい広大なその面積は35,000㎡もあるそう。東京ドームでいうと2個分以上!手入れの届いた芝生はとても気持ちがいいですよね。

シートを敷かなくても寝転びたくなってしまいます。

こちらもキャンプ場以外にも温泉やアスレチック・パターゴルフなどなどが充実しているので、大人も子供も1日楽しめそうですよ。

富士山を眺めながらのキャンプ、いかがでしょうか?

④長瀞オートキャンプ場

長瀞オートキャンプ場
長瀞オートキャンプ場公式HPより

住所:〒369-1312 埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
電話:0494-66-0640
料金:1サイト3,000円~(おひとり様サイト除く)+施設利用料(大人1人600円・子ども1人300円)
ペット:可(ドッグランあり)
特徴:グランピング・バンガロー・ドッグフリーサイト
URL:https://www.nagatoro-camp.com/

 

夏の暑さから逃げるための避暑地として人気の長瀞。川のせせらぎをみているだけでもなんだか涼しい気持ちになれますよね。周辺では川下りが楽しめたりもします。

サイト内にはオートキャンプ場以外にもグランピング施設やバンガローも用意されています。

また、数は少ないですがフェンスで囲まれたドッグフリーサイトというものがあり、そこではワンちゃんもノーリードで、キャンプを楽しむことができますよ。

長瀞オートキャンプ場
長瀞オートキャンプ場公式HPより

夏でも涼しい長瀞。アウトドアを思いっきり楽しめそうです。

ペットに関しては予約サイトで各サイト毎にペット可かどうかを確認することが可能です。敷地内にはドッグランもあるので、ワンちゃん連れも楽しめそうです。

⑤大洗キャンプ場

大洗キャンプ場

住所:〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8231-4
電話:029-212-3121
料金:大人1名1,200円~+駐車料(中型・大型4,000円/普通車2,000円)
ペット:別料金(500円)
特徴:クラフトやツリークライミングなどのアクティビティ
URL:https://www.oarai-camp.jp/

 

林間エリアがメインの大洗キャンプ場。

本格的なロープを使用して体験できるツリークライミング(木登り)や、子どもの火起こし体験など、普段なかなか経験できないことを、アクティビティとして体験できます。

その他松ぼっくりなど自然素材を使ったクラフトもありますし、テントの設営からサポートしてくれる「初めてのキャンプ体験会」などもあるので、キャンプ初心者でも安心ですね。

また、公式HPでは平日や休日、ソロキャンプやファミリーキャンプなどそれぞれの目的に合わせておすすめのキャンプサイト(テントを張る場所)を紹介してくれているので、現地でのサイト選びに役立てることができそうですよ。

「大洗キャンプ」には今回紹介した「大洗キャンプ場」以外にも「大洗サンビーチキャンプ場」や「夕日の郷松川」もあります。「森・海・湖畔」それぞれの目的に合わせて選ぶことができますよ。

 

⑥かもしかオートキャンプ場

かもしかオートキャンプ場
かもしかオートキャンプ場公式HPより

住所:滋賀県甲賀市土山町大河原1104
電話:0748-69-0352
料金:1泊4,500円~(車高~250㎝・車幅~200㎝)
ペット:可・敷地内ドッグランあり
特徴:全て電源サイト・川のせせらぎ・温泉・グランドゴルフ
URL:http://kamoshika-resort.com/

 

山と川に囲まれた気持ちのいいキャンプ場。

デッキスペースがあったり、ごろ寝スペースがあったりキャビンがついていたりと、それぞれの家族構成や好みによって、サイト選びを楽しむことができますよ。

すべてのサイトで電源が使えるので、キャンピングカーの装備も安心して使えます。敷地内には温泉もありますので、汗をさっぱり流せますね。

かもしかオートキャンプ場の公式HPには、「パノラマVRツアー」というものをつかって、全てのサイトを色々な角度からくまなくチェックすることができます。

かもしかオートキャンプ場
かもしかオートキャンプ場公式HPより

実際にそこにいるかのように、好きな角度でみることができるので、当日のこんなはずじゃなかった…を防ぐのに役立ってくれそうですよ。見ているだけでキャンプ気分を味わえます。

また、施設内にはドッグランも併設されているので、ペット連れの方もワンちゃんも楽しむことができますよ。

近くでは蛍が鑑賞できるなど自然豊かな場所で、冬には雪の中のキャンプも楽しめることもあるそうです。

⑦朝霧ジャンボリーオートキャンプ場

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 公式facebookより

住所:〒418-0108静岡県富士宮市猪之頭1162-3 
電話:0544-52-2066
料金:大人1,100円~+サイト料金1,650円~
ペット:可
特徴:富士山・天然水・ゴルフ
URL:https://www.asagiri-camp.net

 

全てのサイトから富士山を眺めることができ、水道水からはなんと富士山の天然水をいただける朝霧ジャンボリーオートキャンプ場。

宿泊者は特別料金で隣接しているゴルフ場を利用することができます。レンタル用品はすべて含まれているので、手ぶらでゴルフが楽しめますよ。

富士山をみながらのキャンプを楽しみたい方におすすめです。

ペットは大歓迎との温かいキャンプ場ですが、その分ペット進入禁止エリアが設けられているのでご注意を。

ペットとのキャンプを楽しみながらも、動物が苦手な方にも配慮できる。そんなペット連れでも安心して利用できるキャンプ場です。

 

⑧くりの木キャンプ場

くりの木キャンプ場
くりの木キャンプ場公式HPより

住所:〒377-0202 群馬県 渋川市 中郷 2694-197
電話:不明
料金:大人1人5,000円~
ペット:基本的には可
特徴:夜景・関東平野・山歩き
URL:https://c-kurinoki.com

 

関東平野を見下ろせる、解放感バッチリのくりの木キャンプ場。グループでの使用を制限していたり、初めて利用する場合の規則がキチンと決まっている印象です。

その分、マナーを守って利用している方には、とても居心地のいいキャンプ場であると考えられるでしょう。

目の前に広がる夜景はもちろんのこと、日の出や夕焼けまで楽しめるそう。

ただ、山間部にあるため車の運転には多少の注意が必要かもしれません。気になる場合には、事前に問い合わせておくといいでしょう。

ペットに関しても基本的にはオーケーだそうですが、混雑状況によっては変わる事もあるようなので、気を付けてください。

 

⑨イレブンオートキャンプ場

イレブンオートキャンプ場
イレブンオートキャンプ場公式HPより

住所:〒292-0435 千葉県君津市栗坪300
電話:0439-27-2711
料金:1サイト3,300円~+施設使用料(大人1,100円)
ペット:可
特徴:子どもの遊び場豊富・桜が綺麗
URL:https://www.eleven-camp.com

 

千葉県にあるイレブンオートキャンプ場は、ひと言で言うと「子どもが大喜びするキャンプ場」です。

プールにクライミング、釣りにトランポリンその上ラジコンコースまであるんですから、子どもが喜ばないわけがありません。

イレブンオートキャンプ場
イレブンオートキャンプ場公式HPより

電源付のサイトもあり、桜をゆっくりと眺められるのでおすすめです。その他コテージやキャビンなども揃ってます。

ペットに関しては公式HPでは見つけられませんでした。ペット連れで利用した方のブログは見つけることができましたが、実際に利用する際には事前に確認するようにしてください。

とにかく施設全体が大きな公園のような町のような作りになっているので、朝からお散歩するだけでも気持ちが良さそうですね。

 

まとめ

キャンピングカーレンタル マーリン号

以上、キャンピングカーをレンタルして訪れてみたいオートキャンプ場を9か所紹介してきました。

とにかくキャンピングカーは通常の車よりも大きく、運転に慣れないと大変なこともあります。

目的地が決まったら、事前にキャブコンタイプのキャンピングカーでも大丈夫かを問い合わせたり、安全に通れる道をチェックしておくと、当日安心です。

とにかくキャンピングカーは室内にいる感覚に近く、慣れないテントで過ごすよりも安心感や快適性が全然違います。

キャンプ場でしか味わえないような自然の中でキャンプ飯を楽しんだあとは、快適なキャンピングカーの中でゆったりと過ごす。なんて、キャンピングカーならではの贅沢な時間の過ごし方ですよね。

キャンプ場とキャンピングカーのいいとこどり。そんな旅をあなたも次のお休みに味わってみてはいかがでしょうか?

キャンピングカーレンタル

ジャパンロードトリップの車両をみる

空き状況確認・予約はこちら
03-6777-6565

この記事を書いた人

F(エフ)

大きめな中型犬と暮らすズボラ大好きアラフォー主婦。 愛犬や子どもと気軽に旅行ができるキャンピングカーに興味しんしん。 いつかは所有できればいいな…と夢見ています。

\ この記事をシェアする /

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate
今すぐ電話でお問い合わせ