キャンピングカー旅を倍楽しむために確認するべきこと5選 - JAPAN ROAD TRIP(ジャパンロードトリップ)
今すぐ電話

JAPAN ROAD TRIPに今すぐ電話

03-6777-6565営業時間:10:00〜19:00

2022/2/8

キャンピングカー旅を倍楽しむために確認するべきこと5選

ゆーき

みなさまこんにちは!JAPAN ROAD TRIPゆーきです!

本日は、はじめてキャンピングカーを借りる方でも、キャンピングカー旅をさらに倍楽しむことができるように、お客様からよく頂く質問を参考に、事前に確認すべきことをお教えいたします♪

キャンピングカー旅を倍楽しむために確認すべきこと

旅先で電源が使えるか


キャンピングカーをこれまで多くのお客様に貸出をしてきましたが、そのなかで一番勘違いしている方が多いのが「電源」についてです。「キャンピングカーは動く家なんだから、炊飯器や電子レンジ。ドライヤーとか自由に使えるんでしょ?」なんてよく言われたりします。答えは、電源を外部から取ってこないと無理。そしてもちろん走行中は無理。です。インバーター(バッテリーの電力を一般家庭用の電気に変換する装置)の容量にもよりますが、時間を気にせず自由に使えるわけではないので、基本的にはできないという認識で正解です。ただ、ケータイの充電など一度に多くの電力を消費しないものは、インバーターで対応できます。
なので、炊飯器でご飯を炊きたい、電気ケトルでお湯を沸かしたいなどせっかく電子機器を持っていっても「電源を取れる場所」じゃないと何の意味も無くなってしまいます。大抵のキャンピングカーは、外部電源コードを接続すれば外部から電源が取れるような設計になっているので、キャンプ場や車中泊施設で「電源が取れる場所」なのか、事前に確認をしておくことが必要です。車両によっては、電源が取れない車両もありますので、その際は、発電機等を別で準備する必要があります。

旅先でトイレ・水道・シャワーは使えるか


これもまた多い質問で、「トイレやシャワーは使えますか?水道は使えますか?」という質問です。これに関しては、トイレ付きの車両やシャワー付きの車両、水道が使える車両を貸出している会社さんもありますが、水道は、コロナ過の現在、使用禁止のところがほとんどで、トイレやシャワー付きの車両はかなり数が少ないです。
弊社も、衛生面を考慮しトイレ・シャワー・水道が使える車両の貸出はしておりません。旅先の近くにトイレや水道、温泉施設などがあるか事前に確認しておきましょう。

FFヒーターや家庭用エアコンはついてる?


車中泊をする場合、場所や季節によっては、寒い・暑いなどで快適に過ごせないことがあります。家とは違い、夏の車中は70度を超える場合もあると言われています。特にバンクベッド(運転席の上にあるベッド)は夏はかなり暑いです。。冬はヒーターがないとかなり寒いです。。車中泊をする場合、エンジンをつけっぱなしで寝るわけにはいきませんよね。なので、エンジンを切っていても使用できる家庭用エアコン付きの車両やFFヒーターがついている車両というのが必須になってきます。
エンジンをつけていないと使えないカーエアコンだけしか付いていない車両もあったりしますので、格安キャンピングカーやカーシェアの車両を借りる際には、装備についてよく調べてからにしましょう。

サブバッテリーについて理解する


車を運転する方は当たり前に知っていることだと思いますが、エンジン始動、ヘッドライト、カーナビやパワーウィンドウなどを使用するためにはバッテリーから電力を供給します。キャンピングカーは、このメインバッテリーとは別にサブバッテリーを積んでおり、後ろのキャビンスペース(居住部分)の電気や冷蔵庫、FFヒーターなどはこのサブバッテリーから電力を供給します。このサブバッテリーは、エンジンを切っていても車内で電気を使えるというのが特徴です。メインとサブを分けることによって、電気の使い過ぎでエンジン始動の電気まで使ってしまったなんていうことを防ぐことができます。そして、ほとんどのサブバッテリーは、電力をすべて使い切ってしまっても走行充電、外部充電で充電されますので使いすぎてしまってもすぐに復旧させることができます。

万一のトラブルに備える


キャンピングカーを運転中、万一のトラブルが起こってしまう場合があります。バッテリー上がり、衝突事故、タイヤバーストなど。キャンピングカー旅を楽しく過ごすために、万一のトラブルが起きてしまった場合どういった対応をすればよいのか、事前に知っておくことが必要です。
弊社の場合、バッテリー上がりやタイヤバーストなどで車両が動かせなくなったなどのトラブルに備えた無料ロードサービスをご用意しております。レッカーや救援車両が24時間いつでも現場に急行してくれます。
事故を起こしてしまった場合は、焦らず警察・消防へ連絡し、加入している保険会社へ連絡する。というのが流れとなります。貸出時にも万一のトラブルが起きてしまった際のご連絡先やマニュアルなどをご用意・ご説明させていただきますので、安心してご出発いただけます!

まとめ

キャンピングーでの旅は、一生心に残る旅になります。JAPAN ROAD TRIPは、お問い合わせをいただいた段階で、どういう場所に行ってどういう旅にしたいか、というところから最適な旅のプラン、最適な車両をご案内させていただきます!
あなたのキャンピングカー旅がより素敵な旅になるように、全力でお手伝いができればと思っております!

JAPAN ROAD TRIP‐ジャパンロードトリップ
https://www.japanroadtrip.com/

この記事を書いた人

ゆーき

「Life is Good」ジャパンロードトリップ店長ゆーきです!

\ この記事をシェアする /

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate
今すぐ電話でお問い合わせ