ペットと一緒にキャンピングカーをレンタルするなら気を付けたい4つのこと - JAPAN ROAD TRIP(ジャパンロードトリップ)
今すぐ電話

JAPAN ROAD TRIPに今すぐ電話

03-6777-6565営業時間:10:00〜19:00

2022/3/29

ペットと一緒にキャンピングカーをレンタルするなら気を付けたい4つのこと

F(エフ)

JAPAN ROAD TRIPにはペットと一緒にレンタルできるキャンピングカーもあります。

でも、初めてキャンピングカーを利用するときにはわからないこともいっぱいありますよね。

ましてやペットも一緒となるとなおさらのこと。

そこで今回は実際にキャンピングカーをレンタルして愛犬と一緒に利用したことのあるわたし(元動物看護師)が、

・ペット連れで利用するときに気を付けたいポイント

についてユーザー目線で解説していきます。

ペットと一緒にキャンピングカーをレンタルするときに気をつけたいこと

① きれいに使う
キャンピングカーに限ったことではありませんが、レンタカーは次に使う人のことも考えてなるべくきれいに使いたいですよね。

ペットがいると足が汚れていたり、抜け毛があったりと人間だけの利用より、どうしても汚れてしまいがち。

なのでベッドを一緒に使う場合には大きめのシーツをしいたり、すぐに掃除ができるようにウェットティッシュやコロコロなどを持参するといいでしょう。

次回も気持ちよく貸してもらうために、ペットオーナーは特に気を付けたいポイントです。
② 壊さない
まだまだ幼い時期のワンちゃんの場合には、いろいろと物を壊してしまうこともありますよね。

年齢があがってくると、そういった行動も落ち着いてくると思います。

キャンピングカーをレンタルするのはそれからにするといいでしょう。

その方がワンちゃんも車内を自由に動けますし、飼い主もいちいち注意しなくていいので、快適です。
③ 車酔いに注意
ペットの中には車に酔いやすい子もいるかもしれませんね。

特にレンタカーは普段と違う環境なので、緊張してしまうこともあるでしょう。

レンタカーを利用する前に普段から、自宅の車に乗せて慣らしておくといいですよ。

その際は短時間からはじめて、なるべく楽しい場所にでかけるようにしましょう。

長距離の移動が心配な場合には動物病院で、酔い止めを処方してもらえるので相談してみてください。

普段から使っているクレートやベッドがあると、落ち着けます。

④ 熱中症に注意
キャンピングカーのみならず、車内にペットを放置するのは危険です。

特に夏場はクーラーをつけるなど、室内環境に配慮しましょう。

その点、キャンピングカーならエンジンなしでクーラーが使えることもあるので安心です。

ポイントをおさえて気持ちよく使おう

ペットと一緒にキャンピングカーを使えるのはとてもうれしいことですよね。

みんなが気持ちよく利用できるように、飼い主はマナーを守って利用しましょう。

ぜひペットとの新しい旅のかたちを、キャンピングカーで味わってみてください。

この記事を書いた人

F(エフ)

大きめな中型犬と暮らすズボラ大好きアラフォー主婦。 愛犬や子どもと気軽に旅行ができるキャンピングカーに興味しんしん。 いつかは所有できればいいな…と夢見ています。

\ この記事をシェアする /

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate
今すぐ電話でお問い合わせ