キャンピングカーで江ノ島! - JAPAN ROAD TRIP(ジャパンロードトリップ)
今すぐ電話

JAPAN ROAD TRIPに今すぐ電話

03-6777-6565営業時間:10:00〜19:00

2022/1/22

キャンピングカーで江ノ島!

島ちゃん

私事ではございますが、先日人生で初めて江ノ島に行って参りました!

毎年、夏は由比ヶ浜にお世話になっているのですが、なぜか江ノ島には上陸したことが一度もありませんでした、、

で、突然、行ってみよう!という事になったので、早速行って来ました\(^o^)/

思い立ったが吉日ですね!

思いの外、とっても良かったのでシャアさせて頂きます♪

 

江ノ島について

簡単に江ノ島についてご紹介します。

江の島は神奈川県の湘南海岸に浮かぶ小島で、島の大きさは0.41㎢、江ノ島へは江の島弁天橋を使って行くことができ、音楽の神とされる弁財天の像を祀った江島神社で知られています。

また、岩屋(海食洞窟)や稚児ケ淵、灯台もあり、一日中楽しめるスポットです!

キャンピングカーで行く場合は弁天橋を渡って、江ノ島内の駐車場まで行くのもあり、本土の駐車場に止めて弁天橋を徒歩で渡って行くのもどちらも楽しいと思います( ^∀^)

キャンピングカーの止められる駐車場は江ノ島内に1箇所あります!本土にも海岸沿いに駐車出来る駐車場がありますよ◎

 

江ノ島神社

江ノ島神社は日本三大弁財天を奉っており、パワースポット、スピリチュアルスポットとしても有名なので、行ったことがある方も多いかもしれません(^_^)

三姉妹の女神様、・奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)・中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
・辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)を祀っています。

 

江ノ島灯台(シーキャンドル)

こちらは江ノ島のシンボルですね。近くの海岸からはこの灯台が見えるので、湘南に訪れた際はみなさん必ず目にするはずです!夜になるとライトアップされ、とても綺麗です!

灯台からは本土を一望することでき、晴れていると富士山や伊豆大島を見ることも出来ます!東京タワーも小さく確認することが出来ました!笑

シーキャンドルの敷地内には『サムエル・コッキング』が造成した庭園もあり、季節により色々な草花を楽しむことが出来ます。庭園内には椰子の木があったり、どこか南国を思わせる雰囲気もありますが、日本ぽさも感じられて、異世界感がとてもよかったです(^ ^)

こちらも夜になるとライトアップされるので、夕方〜夜にかけて行くのもおすすめです☆

 

 

岩屋(海食洞窟)

岩屋は島の最奥部にある、波によって浸食されてできた洞窟です。江の島弁財天信仰の発祥地と考えられています。

鍾乳洞や洞窟なんて小学生振りだったので、なんだかとてもワクワクしました笑

岩屋の中は少し暗いので、懐中電灯代わりに手持ちの蝋燭を渡してもらうのですが、蝋燭というところがまた味わい深さを感じます(*´ω`*)

岩屋内もライトアップされている箇所もあり、こちらは昼間でもとても綺麗です!

 

 

稚児ケ淵

岩屋まで行く途中に稚児ケ淵にも行けます。私が行った日は波の影響で降りることが出来なかったのですが、波の状況がよければ降りて海を間近で見ることが出来ます。

ここから見る夕陽はとても綺麗だと思います!

岩屋に行くまでにまぁまぁ急な階段を降りるので、普段運動不足の人には少しキツイかもしれません!(要注意)

 

まだまだ江ノ島内には見所が沢山ありご紹介しきれませんが、江ノ島の歴史を学ぶ事も出来、今までずっと行ってなかったことがとても残念に思いましたσ^_^;

江ノ島周辺にもキャンピングカーで行けるスポットは沢山あるので、都内近郊の観光スポットとして是非キャンピングカーで行ってみて下さい♪

色々な穴場スポットを発見出来るかもしれません♪

この記事を書いた人

島ちゃん

ジャパンロードトリップのレンタル受付、インバウンド担当をしています!

\ この記事をシェアする /

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate
今すぐ電話でお問い合わせ