キャンピングカーの種類・特徴を分かりやすくまとめてみました!

2019年11月12日

キャンピングカーレンタルJapanRoadTrip
お問い合わせは電話がスムーズです。
TEL: 03-6777-6565
Mail: [email protected]

そもそもキャンピングカーってなに?

キャンピングカーの定義は、簡単に言うと「寝泊まりできる設備がある車両」とされています。キャンピングカーとして登録するにはもっと細かい基準をクリアしなければいけませんが、「寝泊まりができる車」「キッチン設備がある車」など、居住性の高い車両という認識が一般的です。

キャンピングカーの種類

キャンピングカーには様々な種類があり、形状によって呼び方が違います。

バンコン

バンコンは、ハイエースなどのバンをベースとしたキャンピングカーです。サイズ・外装は一般車両と何も変わりがないため、走行性の良さはもちろんのこと、駐車スペースの確保のし易さ、運転席周りの装備の充実度、駆動タイプ・ガソリン種類の選択肢の広さなど、メリットの多さから一番人気のあるタイプと言えます。デメリットとしては、サイズはあくまで一般車両と同じなので、室内空間の改造が限られてしまいます。居住空間を最重視する方は向かないタイプと言えます。

キャブコン

キャブコンは、トラックをベースにしたキャンピングカーです。トラックの貨物部分を取り外し、そこにキャビン部分を取り付けたタイプです。キャンピングカーと聞いて一般の人がまず思い浮かぶのがこのキャブコンタイプと言えるでしょう。キャビン部分を専用として作り上げるため、広さを十分に確保でき居住空間を重視する方には人気の車両です。サイズ、空間、取り回しの良さ全てを考えて一番バランスの取れたキャンピングカーと言えるでしょう。

フルコン

シャーシ以外全改造のキャンピングカー。サイズはキャブコンよりもさらに大きく居住空間の快適さは間違いありません。オリジナル性・居住空間を重視する方には人気の車両です。デメリットとしては、やはりサイズが大きいので、運転の難易度が高く駐車スペースの確保の問題等も考えなくてはいけません。

バスコン

バスコンは、バスをベースにしたタイプです。バスをベースにしているということもあり室内はキャブコンより広く、快適さはあがりますがバスを運転したことがない方がほとんどですので、運転も慣れが必要となります。駐車スペースの確保も簡単ではないので、しっかりとプランを立てる必要がありそうです。

キャンピングトレーラー

キャンピングトレーラーは、ここまで説明したタイプとは全く別のタイプのキャンピングカーです。専用トレーラーに宿泊施設を乗せて牽引するタイプです。車両を直接改造したりする必要がなく、トレーラー部分も充実した装備の割に安価なものが多く、価格面ではだいぶ優位性があります。しかしこのタイプはそれなりの知識が必要ですし運転の難易度も高いので、少し敷居が高いと感じるのも事実です。

軽キャン

軽キャンは、軽自動車をベースにしたキャンピングカーです。価格面、導入のし易さから最近人気のキャンピングカーです。ベースが軽自動車なので居住空間は決して快適とは言えませんが、ご夫婦や友人二人で、など少人数のプチ旅行としてご利用する分には十分なスペースは確保できるため、とてもおすすめできるタイプです。

最後に

上記で紹介したキャンピングカー以外にもまだまだ種類はありますが、ざっくり分けるとこんな感じです。一概にキャンピングカーと言っても用途やご利用人数によって快適にご利用できる車両は変わってきます。
当社JapanRoadTripは、数あるタイプの中で一番人気のキャブコンタイプを主に取り揃えております。全車両にコーディネートを施していますので、オシャレなキャンピングカーで気持ちの良い旅が満喫できます!これからはどんどん色々なタイプのキャンピングカーも取り揃えていく予定ですので乞うご期待!

キャンピングカーをレンタルするならJapanRoadTrip

TEL: 03-6777-6565
Mail: [email protected]
ホームページURL: http://japanroadtrip

Translate
今すぐ電話でお問い合わせ