キャンピングカーの歩み|キャンピングカーレンタルならJapanRoadTrip!!

2019年11月20日

キャンピングカーをレンタルするならJapanRoadTrip
TEL: 03-6777-6565
Mail: [email protected]

既にご存知の方もいると思いますが、海外ではキャンピングカーのことをRecreational vehicle(RV)や motorhome、caravan(牽引タイプ)などと言ったりします。日本で言うキャンピングカーというのは一般的に寝泊り出来る設備を備えた車のことで以前のブログでもキャンピングカーの種類を少し紹介させて頂きましたが、世界には本当に沢山のキャンピングカーがあります。

最近のもので言うと、億越えの超高級キャンピングカーがあったり、、内装はもう車ではなく高級ホテルのスウィートルーム、、走るホテル!!って感じです、、最小サイズでも全長が7.6mもあるみたいです。。日本では大き過ぎて走れないんじゃないでしょうか^_^;

世界って凄いっっ!!!

どんどん進化をし続けているキャンピングカーですが、そもそも、キャンピングカーっていつ、どこで生まれたんでしょう。

キャンピングカーの起源

1875年頃ヨーロッパで長距離を移動するのに使われていた幌馬車がキャンピングカーの始まりだと言われています。

馬車が始まりだったんですね〜〜!!

牽引するトレラーハウスは馬車の名残なんでしょうかね(*゚▽゚*)

そして、それがアメリカに伝わり馬車から自動車へと変化し1910年頃アメリカの会社がキャンピングカーを発表し量産し始めますが、長距離移動には向かない作りだったようで、1960年に本格的なキャンピングカーが登場し、これが世界初のキャンピングカーと言われているそうです。

日本でのキャンピングカー

日本で初めてキャンピングカーが登場するのは1950年。画家の桐野江節雄さんが海外で絵の修行をしようと車に住みながら移動は出来ないかと生み出した「エスカルゴ号」が日本で最初のキャンピングカーだと言われています。

その後、桐野江さんが帰国後、日本でも徐々にキャンピングカーが普及して行きました。

日本初のキャンピングカーは何だか意外な所から誕生したんですね٩( ‘ω’ )و!!

これから

ヨーロッパや欧米は地続きとなっている為、大陸を旅する「移動手段」、生活をする「家」として、馬車から始まり現代の形となったキャンピングカー。日本ではヨーロッパや欧米のような移動式住居としての使い方はまだまだ普及していませんが、旅行だけではなく、シェルター代りやちょっとした会議など様々な用途で使用出来るキャンピングカー。日本ならではのキャンピングカーの使い方や、本来の目的である移動式住居としても今後更に進化し普及して行くこと間違いなしですね!!

 

キャンピングカーのある生活を〜♪

キャンピングカーをレンタルするならJapanRoadTrip

TEL: 03-6777-6555
Mail: [email protected]
HP: https://www.japanroadtrip.com/

担当 島田

Translate
今すぐ電話でお問い合わせ