今すぐ電話

JAPAN ROAD TRIPに今すぐ電話

03-6777-6565※受付:10:00〜19:00

2021年8月21日

キャンピングカーの夏場の利用について

8月も残すところあと10日ですね〜

今年は寒い日があったり雨の日が長くつ続いたりと、気候の変動が激しめですね(T ^ T)

でも8月なのでやっぱり暑い!

夏は1年の中でもキャンピングカーの利用が一番多い季節です。これからキャンキャンピングカーの利用を検討されている方はキャンピングカーの夏場の利用について、事前に知っておくと良いかもしれません。

夏は暑いと言うこと

まず、大体の方は夏場のキャンピングカーはどこでも涼しく快適に過ごせると思ってる方が多いと思いますが、正直違います(笑)夏なのでキャンピングカーでも暑いです(笑)

エアコンをつければ車内は涼しくなりますが、カーエアコン(エンジンONで使用可能)か家庭用エアコン(外部電源接続必須)によっても結構変わります。

カーエアコン

全ての車両に家庭用エアコンがついている訳ではないので、装備されていない車両はカーエアコンのみということになります。

カーエアコンのみの場合は、使用したい時はエンジンをかけなければなりません。夜寝ている間もエンジンを付けっぱなしにしなければ使用が出ないと言うことです。

キャンプ場では夜間アイドリング禁止の所も多いので、まずは行き先の確認が必要です。

家庭用エアコン

家庭用エアコンが搭載されている場合は夜間寝ている間もエンジンをかけなくてもエアコンを使用出来ますが、外部電源に接続して頂く必要があるので、どこでも使用できる訳ではありません。

電源サイトのあるキャンプ場やRVパーク、発電機など外部から電源を取れる環境にないと使用が出来ないと言うことです。

ですが、家庭用エアコンが使えるとぐっと快適さは増します。

注意点としては外部電源に接続しているからと言っても家とは違いますので、車内の電気の消費が激しければ、供給が間に合わず使用が出来なくなる場合もあります。常に節電を心掛けてください。

また、キャンプ場での電源容量にも限度があります。大体のキャンプ場の電源は1000Wまでの所が多いそうですので、

電気の使い過ぎには要注意です。

快適に過ごすには

夏場の利用で快適に過ごすには、事前に行き先の確認をしておくことが必要です。

キャンプ場やRVパークで過ごすのか、電源が使える場所なのか、供給電源はどれぐらいの容量なのかエンジンをつけっぱなしでも大丈夫なのかなど下調べをしておくと良いと思います。

また、キャンピングカーの旅といったら行き当たりばったりの旅が魅力でもあるので、そういった旅をする場合でも日陰や標高の高い所など、なるべく涼しく過ごせる場所を選ぶことが快適に過ごせる秘訣になります。

残り少ない夏、少しでも楽しい思いを作りましょう( ´∀`)

 

 

 

キャンピングカーのある生活を〜♪

島ちゃん

この記事を書いた人

島ちゃん

ジャパンロードトリップのレンタル受付、インバウンド担当をしています!

\ この記事をシェアする /

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate
今すぐ電話でお問い合わせ